活動方針・記録

POLICIES

令和3年度 京都市PTA連絡協議会 活動方針

わたくしたちのまち京都には、子どもを社会の宝として、共に育んできた人づくりの伝統があります。わたくしたち保護者は、子どもたちの教育環境の向上について、他人任せにすることなく、正面から向き合うことが大切です。

「保護者同士が連携して、地域の子どもたちを育てる」、その目的のためにPTAはあります。

しかしながら、社会環境の大きな変化に加え、かつて手段であったはずの活動が目的化し、意義を感じにくい。でも、今まで続けてきたものをやめるにやめられない・・・。その結果、保護者にとって、PTA活動自体に意味を見出せず、強制感や負担感を感じる場面が多く見受けられるようになってしまいました。このままでは、保護者がPTAから離れてしまいます。しかし、そうすると、保護者は一体どうやって連携を図り、子どもたちが受ける教育に関わることができるのでしょうか?

時代は「令和」に移り変わり、またこのコロナ禍を経験する中、京都市のPTAは「新しいPTA」の在り方を模索してきました。

1つの答えとして、より多くの保護者の皆さんに、安心してPTAの輪に入っていただけるような、そうした組織に進化する必要性があると考えます。

そのため、この度、「京都市型PTA」という在り方を提案します。この実現に具体的に踏み出すことで、PTAの組織に遍在する多くの課題の解決を図ります。

さあ創ろう、我らが誇れる「京都市型PTA」

京都市PTA連絡協議会

「京都市型PTA」は、
一、子供を共に育む「はぐくみ文化」を継承します。
一、コンプライアンス(法令遵守)を徹底します。
一、学校・園との連携を大切にします。
一、負担感の少ない体制を目指します。
一、強制ではない、会員の主体的な活動を応援します。

※「地域の子どもたちは地域で育てる」という精神。
 子どものあるなしに関わらず、かまどがある家の町衆が資金を出し合って、番組小学校を運営したことに由来。

京都市PTA連絡協議会 活動記録

令和3年度 京都市PTA連絡協議会 年間計画

annual-schedule